トップ «前の日記(2018-02-28) 最新 次の日記(2018-03-13)» 編集

準備待想

2016|10|11|12|
2017|01|02|04|
2018|01|02|03|05|

2018-03-09 80年代難関中学ごとの「優秀異性存在校」出身率

「男子も女子も優秀である子が安定的に輩出される公立小学校」の出身者比率を、1980年代の各難関中学の合格者ごとに算出してみた。開成が他より低く筑駒が他より高い、という傾向が析出された、と見たい。以下、詳細。

資料は、1982・83・85・86・87年の四谷大塚進学教室の合格者名簿である。この5ヶ年で「男子4名、女子4名以上」合格している公立小学校を列挙してみた。男子は「開成、麻布、武蔵、筑駒、栄光」の合格者数であり、女子は「桜蔭、女子学院、雙葉、フェリス」の合格者数であり、同一人物は何校合格していても1校分として算出。そのように複数校合格者の重複分を除外したうえで、各公立小学校ごとの合計数を算出した。又あきらかに小学校と異なる行政地区に居住している者は「越境」と見なして除外した。このようにして、基準となる公立小学校を84校選定し、今度は複数校合格者を除外しないで、各校ごとにそれらの小学校出身者の占有率を算出した。ただし、栄光とフェリスは判明合格者数が少ないし、その理由もある程度はっきりしているので、占有率の計算には加えなかった。理由というのは、四谷大塚の教室が東京都内にばかりこの時期あったのに対し、これらの2校は神奈川県にあり、そのため神奈川県を本拠地とする日能研などの塾に合格者の大半が占められているため、である。

このようにして算出すると、「同じ小学校の同じ学区内に、自分と同レベル学力の異性が存在していた可能性の特に高い生徒」の数を割り出すことができる。「小学校のとき自分と同レベルの優秀な異性がいた」経験の持ち主が、同レベルの難関校のなかでも違いがある、という結果を見ることができる。結果として、東京・神奈川の都心部に居住している者に受験資格を限定している筑駒が比較的高く、居住地が首都圏の全般にいちばんまんべんなく分散してしまう開成がこの割合が比較的低い、という結果が得られた。あとの学校はそれほどの大差はない、と見ても良いのではないだろうか。いずれにせよ、そのことが何かの結果に帰結しているかどうかは、これだけでは何とも言えない。

たとえば「スクールカラー→男女均等合格地域出身者率」という因果関係を想定する者もいるだろう。しかし「男女均等合格地域出身者率→スクールカラー」という因果関係もまた想定しうるものである。因果関係の想定に関してはなるべく断定しないで慎重に見たほうが安全だと思う。

今回割り出した公立校を「男女均等合格校」と呼んでみたり「異性大量合格校」「優秀異性存在校」などと呼んでみたりした。「男女の平等」が学力上体現されている地域を割出すためには、「男女差が小さい」という基準も設定可能だが、多くの場合、「絶対数が少ない」学校は「男女差が小さい」という結果になりやすく、要するに偶然男女差が少ないだけ、という場合が多い。なので、今回は、ともかく男子も女子も絶対数が少なくないこと、に基準を置いた。男女差は大きい学校もあるが、それでも少ない方の性別でも絶対数が一定程度ある、ということに基準を置いたのである。この場合なら、仮に男女差が大きくてもなお「優秀な異性の存在」自体は経験されやすい環境であると言い切れるからである。

各校の「異性大量合格校(=男女均等合格校)からの合格数占有率」
項目 麻布合格者 開成合格者 武蔵合格者 筑駒合格者 桜蔭合格者 女子学院合格者 雙葉合格者
集計合格者総数 (私国立小から含む) 982名 915名 548名 488名 1086名 1100名 413名
「異性大量合格公立校」 からの合格者数 226名 138名 121名 129名 217名 219名 86名
「異性大量合格公立校」 からの合格者占有率 23.01% 15.08% 22.08% 26.43% 19.98% 19.90% 20.82%

今回選ばれた84校の所属する管轄署は以下のとおりである。生徒の居住地域と小学校の所属する管轄署が完全に同じとは限らないので注意。

  • 千葉柏署内公立小学校:3校
  • 千葉市川署内公立小学校:5校
  • 東京千代田区麹町署内公立小学校:1校
  • 東京港区麻布署内公立小学校:1校
  • 東京港区赤坂署内公立小学校:1校
  • 東京港区高輪署内公立小学校;1校
  • 東京品川区品川署内公立小学校:1校
  • 東京品川区大崎署内公立小学校:1校
  • 東京大田区大森署内公立小学校:1校
  • 東京大田区池上署内公立小学校:1校
  • 東京大田区田園調布署内公立小学校:4校
  • 東京目黒区目黒署内公立小学校:4校
  • 東京目黒区碑文谷署内公立小学校:1校
  • 東京渋谷区渋谷署内公立小学校:1校
  • 東京渋谷区代々木署内公立小学校:2校
  • 東京世田谷区世田谷署内公立小学校:2校
  • 東京世田谷区玉川署内公立小学校:3校
  • 東京世田谷区北沢署内公立小学校:3校
  • 東京世田谷区成城署内公立小学校:4校
  • 東京新宿区新宿署内公立小学校:1校
  • 東京新宿区牛込署内公立小学校:1校
  • 東京新宿区戸塚署内公立小学校:1校
  • 東京中野区中野署内公立小学校:2校
  • 東京中野区野方署内公立小学校:2校
  • 東京杉並区高井戸署内公立小学校:3校
  • 東京杉並区杉並署内公立小学校:4校
  • 東京杉並区荻窪署内公立小学校:1校
  • 東京豊島区目白署内公立小学校:1校
  • 東京文京区大塚署内公立小学校:1校
  • 東京文京区本富士署内公立小学校:1校
  • 東京板橋区志村署内公立小学校:1校
  • 東京練馬区練馬署内公立小学校:2校
  • 東京練馬区石神井署内公立小学校:2校
  • 東京武蔵野署内公立小学校:1校
  • 東京三鷹署内公立小学校:2校
  • 東京小金井署内公立小学校:1校
  • 東京町田署内公立小学校:2校
  • 神奈川川崎市宮前署内公立小学校:2校
  • 神奈川川崎市麻生署内公立小学校:1校
  • 神奈川横浜市青葉署内公立小学校:5校
  • 神奈川横浜市港北署内公立小学校:2校
  • 神奈川横浜市神奈川署内公立小学校:1校
  • 神奈川横浜市緑署内公立小学校:1校
  • 神奈川横浜市旭署内公立小学校:1校
  • 神奈川横浜市栄署内公立小学校:1校

トップ «前の日記(2018-02-28) 最新 次の日記(2018-03-13)» 編集